森を守る

お知らせ

  • 高性能林業機械を導入しました

    高性能林業機械を導入しました

    近年の林業現場では「高性能林業機械」と呼ばれる林業用に開発された機械を用いて丸太を生産する方法が普及しています。 当組合では、令和2年3月に高性能林業機械であるハーベスターとグラップル付トラックを新たに導入しました。 ハーベスターとは、杉桧などの立木伐採・造材作業を行う機械です。 グラップル付トラックは、木材の積み下ろし作業と運搬を行う車両になります。 この機械の導入によって、今後益々増える木材需要や木材利活用に向けて丸太の生産性向上や、林業従事者の労働強度の軽減・省力化・安全性の向上などが期待されています。 [caption id="attachment_1606" ali・・・[続きを読む]